2008年10月15日

飛距離を伸ばすには

ドライバーで豪快にナイスショットしたときの爽快感、堪りませんね。でも、なかなか味わうことはありません。

飛ばない人のほとんどが、飛ばないうち方をしているのです。では、正しい飛距離アップの練習方法とは。


ボールが飛ばない最大の原因は、正しい体重移動ができていないために、スウィング軌道がアウトサイドインとなり、ヘッドスピードを減速させてしまうのです。

体重移動ができないのは、アドレスで肩や腕など上体に力が入って手だけでクラブを上げようとしているからです。


小さな力で大きく飛ばすには、腕に力を入れないで、遠心力を使って飛ばすのが効率のよい打法です。

遠心力を使うとは、上体はリラックスさせて、テークバックからトップまで行ったら、クラブが自然に下りてくるのを待ってください。それをきっかけに体重を思いっきり左足に移動してください。


秋はアウトドアスポーツや旅行の季節。
旅で気分をリフレッシュしましょう!


★人気の宿ランキング30はこちら>>