2009年06月07日

ゴルフのスイングのコツ

ゴルフ場では打数を数えていくことになりますが、ドライバーも1打として数えますし、パットも1打として数えます。

ゴルフのスコアを良くするためにはパット数も減らさなくてはなりません。

いつでも距離を合わせるためには、距離感を安定させることがまず大切です。

そのためには、手の力を利用しない「ストローク式」と呼ばれる用法でパッティングしたいですね。


手首を使わずに振り幅の大きさによって距離を打ち分けけます。

上がりのパットでは振り幅を大きくし、下りのパットでは振り幅を小さくして距離感を安定させます。

左手の小指と薬指で確実に握り、バックスイングとフォロースイングが同じスピードになるように心がける事が大事です。

風はゴルフにとっては大きく影響される原因でしょう。

一般的なゴルフコースでは左右の樹木が防風の役目を果たしていて気づきにくいのですが、
風のある日は上空では体感よりも強く風が吹いている場合が多いのです。

樹木で囲まれたホールであれば木の上部、ピンフラッグ、そしてほかのひとの打球など、
情報を総合的に判断して風を予測しましょう。


★楽天ゴルフクラブ人気ランキングはこちら>>



同じカテゴリー(ゴルフ豆知識)の記事
 タイガー・ウッズ3位に転落 (2011-01-25 11:17)
 ゴルフのマイボール (2009-10-27 20:53)
 ゴルフスイングをマスターするコツ (2009-09-28 20:16)
 ゴルフのコツ (2009-09-01 18:18)
 EZナビウォーク (2009-08-06 21:53)
 ゴルフパッティングの腕を上げる (2009-07-16 10:28)